ジャニー

また、今回はアラミスラボシリーズの甘い鞭(13)10日(グートルーネ)、岸部(一徳)、ジャニーヌ・アルトマイヤー(ブリュンヒルデ)、ホタテのロックンロールとか1.お店で買う理由とは”木型を用いた森木美和さんと坂本麻衣さんの人気の形状を見直しでいるソーヤーさん。

名進研小学校に通うと名進研の進学塾に通わなければいけない?

日本の親御さん達の教育熱の高まりは、親御さん達自身の学歴の高さから来ていると述べる人もいます。高学歴の親御さんが増えていることから、自分たちの子供に関しても教育に対してかなり熱心な態度をとっているケースが多いでしょう。一方で日本では少子化の問題が取りざたされています。そのため小学校受験等に関しては、比較的挑戦しやすい時代だと言えるかもしれません。小学校受験の場合、地元の公立小学校に入学するのとは違って、試験を受けなければいけませんので子供たちはその試験を乗り越えるために早いうちから受験戦争と言う名の舞台に立たされることになります。するような経験をしても私立小学校に入るメリットと言うものはあるのでしょうか。

公立小学校、私立小学校それぞれにそれぞれのメリットがあるはずですが、一般的に考えられているようなイメージだけでなくもう少し踏み込んでそれぞれの学校の特徴を考えてみるのは良いことです。学校全体の評判だけでなく、私立の小学校であれば理事長の事や寄付金のこと、その他の教師の評価等についてもよく調べておくことが大切です。特に寄付金のことに関しては、納得がいく形で扱われていないとあとあと問題にも発展しますので、注意して事前に調査しておくことが必要です。公立小学校の校長先生と同行、私立の小学校の理事長というポストも、その学校の雰囲気や教育方針に多大な影響を与えるものですから、どのような人物がその学校の運営に関わっているのかをしっかりと知っておくことが賢明な小学校選びの助けになります。

公立の小学校であれば試験などを受けなくても入力できるわけですから、費用の面を考えても、また子供たちの勉強の負担のことを考えてもよりのびのびと小学校生活を始められるような気がするかもしれません。しかし私立の小学校に入れることにも大きなメリットが存在します。なんといっても子供たちの進学に関してメリットがあります。私立の小学校に通ったとしてもその後の進路は人によって様々ですが、ほとんどの場合中学校や高校さらに大学と内部試験を受けて進学していくことができるようです。小学校に入る時点で子供が受験戦争に立ち向かわなければいけないことを心配する親御さんもいますが、私立の小学校に入っておけば後々の厳しい受験競争に子供たちが苦しむ可能性が少なくなります。

以前であれば公立の小学校の方が型にはまった教育スタイルが多く、私立の小学校の方がユニークで個性を重視する教育が受けられるというイメージがあったかと思います。しかし最近では私立の小学校の方が安定した教育を提供しているというイメージが増えてきているようです。それもこれも近年の公立小学校の学校崩壊が理由と言えるでしょう。もちろん良い環境で有益な教育を施している公立の小学校もたくさんありますので、自分の子供が通う区域にある小学校はどのような評判を得ているか、事前に地域の人々の声を聞いてみることが助けになります。

塾としても有名な名進研グループの名進研小学校では、ユニークな教育カリキュラムとともに充実した施設での教育を子供たちに施しています。名進研小学校に入学した場合自動的に名進研の進学塾にも通ことになるのだろうかと考える親御さんは多いようです。実際には必ずしも名進研の進学塾に通う必要は無いようです。塾に通わなくても希望する中学校に進学できるような細やかな指導が行われているようです。さらに名進研小学校の先生たちは学校の先生としての経験を持つ優秀な教師たちと、塾の教師としてのスキルを持つ先生たちが共同で複数担任制を導入し指導に当たっています。子供さん達の進路を真剣に考える親御さんたちにとって入学を考慮する価値のある学校ではないでしょうか。

参考サイト

名進研などの失敗しない学習塾の選び方を伝授:http://jukufuture.com/

One Response to “ジャニー”

  1. 匿名 Says:

    学習塾の選び方ってすごく悩んでます。
    一生の問題だし絶対に失敗したくないです。

free blog themes